シミ対策サプリメント・内服薬のデメリット

顔やカラダの気になるシミ、そばかす・・・。

ある日ふと鏡を覗いた時に顔に新たなシミを発見してしまったら、一刻も早く消したいという気持ちになりますよね。

そんなシミを消したいとき、手軽に始められる方法としてシミ用のサプリメント・内服薬を飲むという手があります。

でもちょっと待って!

シミ用サプリ・内服薬を試す前に、そのデメリットについてもきちんと整理して確認しておきましょう。

シミ対策サプリメント・内服薬のデメリットとは

シミを消したいという時、そこにはいくつかの方法があります。

・シミ対策サプリメント・内服薬を飲む
・シミ用の化粧品を使ってみる
・美容クリニック、皮膚科に相談する

その代表的なのがこの3つですが、そのうち最も気軽に試せてコストもかからないのはシミ対策サプリメント・内服薬を飲むということだと思います。

しかしそこにはデメリットはないのでしょうか?

デメリット1、副作用がある

シミ対策の内服薬で、医薬品に該当するものがいくつも発売されています。

シミ対策の医薬品のほとんどが「第3類医薬品」に属しており、副作用のリスクが少なく薬事師でなくても販売できるとされています。

しかしながら医薬品である限り、副作用が発生する可能性がどうしてもあります。

シミ用の内服薬で起こる代表的な副作用は

・吐き気
・下痢
・発疹・発赤、かゆみ

などです。

これらの症状が出た場合は服用を中止し、医師に相談するか購入した店舗の薬剤師、販売元のサイトなどに相談する必要があります。

また副作用ではありませんが、「胃が荒れる」という意見も口コミサイトなどではよく見かけます。

またメカニズムが確証されているわけではありませんが、L−システインの作用で白髪が増える、という感想も口コミサイトなどでは多く寄せられています。

デメリット2、効果が現れるのが遅い

シミ用のサプリメント・内服薬のシミへの効き方は

・メラニンが作られるのを阻止する
・できてしまったメラニンを無色化する
・メラニンが排出されることを促す

この3つが主なものです。

そしてこれらに関係してくるのは皮膚の「ターンオーバー」です。

ターンオーバーとは、皮膚の最も外側にある「表皮」のなかの「基底層」で新しい表皮細胞ができて、それが角質層の表面に角化して垢と一緒に剥がれ落ちるまでのサイクルのことを言います。

通常は1サイクルにつき28日かかるので、シミ用のサプリメント・内服薬の効果が現れるのにもそれぐらいかかると考えられます。

また、ターンオーバーは年齢とともに周期が長くなる傾向があるため、シミへの効果が現れるのもその分長くかかってしまいます。

口コミサイトなどを見てみても、3ヶ月から半年程度という単位で効果が出るのを待っているという意見が目立ちます。

今あるシミを早く消したい!と思っている場合には、効果が現れるのが遅い点がデメリットでしょう。

デメリット3、飲み忘れてしまう

シミ対策サプリメント・内服薬は大抵、1日に2回から多いもので3回の服用が推奨されています。

これは主にビタミンCなどはいっぺんに多く飲むより、こまめに少量ずつ飲む方が体に効率的に吸収されるからです。

習慣づくまでは飲み忘れてしまうこともありがちです。

1日に2回飲むという規定のものを1日1回にしてしまうとその分効果は薄れてしまいます。

「飲み忘れ」が発生して効果が薄れてしまうというのは、シミ対策サプリメント・内服薬でシミを消す場合のデメリットと言えるでしょう。

4、そのシミがどういう種類のシミなのか、自己判断になる

一言にシミといっても老人性色素班から肝斑、そばかす、炎症性色素沈着、後天性真皮メラノサイトーシス、遅発性両側性太田母斑、脂漏性角化症など様々です。

ほとんどがメラニンに起因していますが、シミ対策サプリメント・内服薬はどれを飲んでもそれらに効くというわけではありません。

例えば肝斑はトラネキサム酸という成分が入っているものが効果的ですが、そのシミが肝斑でないならトラネキサム酸を摂ってもあまり意味がありません。

しかし老人性色素班と肝斑とを見分けるのは自己判断ではちょっと難しく、やはり皮膚科や美容クリニックで診察を受けるのが確実です。

中にはシミ対策サプリメント・内服薬では全く効果が現れないものもありますので、自己判断で対策サプリメント・内服薬を飲む場合のデメリットがあると言えます。

シミ対策サプリメント・内服薬はデメリットの少ない方法だった

以上が考え得る主なシミ対策サプリメント・内服薬のデメリットですが、それほど大きなデメリットではないですよね。

しかも、シミ用化粧品や美容クリニックでのシミ治療と画期的に異なる点として、シミ以外の効果も期待できるという点があります。

例えばL−システインはシミを消すだけでなく疲れや全身倦怠、二日酔いの予防や改善にも効果があります。

またビタミンCが入っている製品では肌荒れや吹き出物も改善や風邪やウィルスへの抵抗力がアップ(免疫力のアップ)効果、ストレス改善、果てにはがん予防までその効果は様々です。

こういったシミ以外への効果が期待できる点は、他のシミへの対応策よりも優れていると言ってよいでしょう。



シミには色々な対策方法がありますが、医学部外品サプリが一番なのは間違いありません。

『科学的根拠に基づいたサプリを飲む事で、シミを消す事は可能』です!

本当に効く、シミサプリメントランキングを作成しました 😀