親のシミを馬鹿にしていた私を救ったシミサプリメント

私が子供の頃から母親は「大人になったらシミやしわができるから若いうちからカバーしておきなさいよ」と言っていました。
しかし当時中学生や高校生だった私にはそのことがピンとこなくて、いやいや私はこれだけ若くてハリがあって生き生きとしているんだから一生このままでしょ、と思っていたのです。

母親は若い頃ケアをしてこなかったから、ということで手にシミができたといっていたのですが、子供から見たら小さなものですし、そんな他人の手をじっくり見るような機会なんてないんだからいいじゃんか、と思っていたのです。
運転のときに、長い手袋をつけたり日傘を使ったり日焼け止めを使っている母親をみて、そんな準備に時間のかかって他人を待たせるようなことをするなんて私は絶対にしない、と思っていたのです。

しかし二十五歳くらいを過ぎてから、自分の手にシミができるようになってきたのです。
私は顔は不細工なのですが、とりえといえば肌が白いことくらいです。

その色白に目だってシミができてしまったのです。
そのときになって初めて、親が言っていた意味がわかったのです。
若いうちから自分のケアをしておきなさいよ、ということがです。

そんな私を救ってくれたのがシミサプリメントでした。

それまでの私は他人が挿している日傘をバカにした気分でみていたり、日焼け止めの何がいいのか、どういうのがいいのかなんか一切見もしませんでしたし気にもしていませんでした。
自分にシミができて初めて興味がわいたのです。
正直な話、シミができてからでは遅いのです。

それを親は忠告してくれていたのですが、私はそれを理解していませんでした。
大人にならないと分からないことというのは確かにありますが、それを指摘してくれる身近な母親がいたのに、その話さえ聞かなかった自分にショックを受けました。
そして、シミは一個できるとたくさん出てきてしまうのです。

最初は小さく一個だけだったシミが右手だけではなく左手にもできるようになり、数も徐々に増えてくるのです。
顔にも徐々にシミができてしまい、鼻のあたりにできてしまいました。
はじめ見たときは、化粧の汚れかな、と思っていたのですが、じっくりと見るとしみなのです。

私のこのシミの体験談も、若い子からしたら「シミなんかできるはずない」と思われるかもしれません。
私の若い頃と同じです。
しかし、人間とは老いていきますし、肌も衰えていきます。

ずっと若いままではいられないのです。
自分のしてこなかったケアの後悔を他人にも味わってほしくないのです。
若い子には若いうちからケアをして、しみができないような生活を送って綺麗なままでいてほしいと老婆心ながら思ってしまいます。

シミサプリメントを使うことでシミを消す事が出来たのでとても感謝しています。



シミには色々な対策方法がありますが、医学部外品サプリが一番なのは間違いありません。

『科学的根拠に基づいたサプリを飲む事で、シミを消す事は可能』です!

本当に効く、シミサプリメントランキングを作成しました 😀