しみとしわの関係

加齢とともに徐々に増えてくる、顔のしみとしわ。

両方とも私たちを悩ませるお肌の二大要素と言っても、けっして過言ではないでしょう。

ふと写真に映る自分の顔を見て、ある朝メイク中に、しみやしわを見つけてしまうととっても暗い気持ちになってしまいます。

顔にしみやしわがあると実年齢よりも老けて見える原因になるので、どちらも解消したいですよね。
しかし、しみとしわには何か関連性はあるのでしょうか?

しみとしわの共通点は紫外線が影響していること

しみ、特に日光黒子(老人性色素斑)の場合は紫外線が大きく影響しています。

しみは頬や目の周りにできることが多いですね。

中には1円玉ほどの大きさのしみができてしまうこともあります。

陽に当たってしまう露出部に多くできてしまい、中でも顔の高い位置にあることからやはり紫外線の影響というのは深く関係しています。

そして少し意外かもしれませんすが、しわの原因にも紫外線が大きく影響をしているのです。

しわは小じわやちりめんじわ、大じわ、表情じわなどに分けられます。

どれも紫外線を受けることで起きる肌の老化現象の一つです。

最近ではこのように紫外線によって引き起こされるさまざまな肌への影響のことを「光老化」と呼ばれています。

わざわざ「老化」に「光」を付け足して「光老化」と呼ぶのにはそれなりの理由があります。

実は肌に老化を引き起こす要因のうち、加齢によるものは2割で、残りの8割は紫外線によるものだと言われているのです。

それだけ紫外線を浴びるということは肌への影響が大きいということです。

しみとしわができる理由

ではなぜ紫外線の影響によってしみやしわができてしまうのでしょうか。

しみの原因は紫外線の中でもUV−B波の影響が大きく、表皮(皮膚の最も外側の層)がUV−B波を受けると細胞内の核にあるDNAを守ろうと、メラノサイト(メラニン製造工場)からメラニンが過剰に産生されます。

通常であれば産生されたメラニンは28日かけて徐々に皮膚の表面へ押し出され、やがて垢と一緒に剥がれ落ちてしまうのですが、歳とともにターンオーバーの周期が長くかかるようになるとメラニンが表皮細胞内にとどまってしまい、しみやくすみへと発展してしまうのです。

一方、しわの原因はUV−A波によるものです。

紫外線を浴びると表皮のすぐ下にありお肌を内側から支えている「真皮」と呼ばれている部分にあるコラーゲンやエラスチンといった物質が変性してしまいます。

コラーゲンとエラスチンは、ちょうどマットレスのスプリングとコイルのような役割を果たしているのですが、紫外線を受けて編成した真皮はまるでバネの伸びたマットレスのような状態となり、内側から表皮を支える力を失って、しわやたるみといった状態が作られてしまうのです。

つまりより表面に届くUV−B波がしみを、奥の方へ届くUV−A波がしわを作る原因となるのです。

しみとしわのケアで共通していること

それでは、しみとしわのふたつを同時にケアすることはできないのでしょうか?

共通するケアはどのようなものがあるのでしょうか?

1、ターンオーバーの活性化

しみの原因は一言でいうと過剰に生成された黒色メラニンが排出されずに肌に残ってしまうこと。

また小じわの原因は皮膚の水分不足が関係しています。

この二つはターンオーバーの乱れが大きく影響をしています。

ターンオーバーの周期は28日が理想的とされていますが、加齢とともにそれは徐々に長くかかるようになってしまいます。

なんと60代では100日もかかると言われており、それだけメラニンがとどまる時間が長くなるということです。

またターンオーバーが長くなり古い角質が皮膚の表面に長くある状態が続くと、水分を失い表面がごわごわとした手触りになり、小じわができてしまいます。

やがて小じわが定着すると大じわへと発展しますが、大じわにまでなってしまったものは真皮が変性した状態なのでターンオーバーをいくら活性化させても元には戻りません。

ターンオーバーをなるべく理想的な周期に近づくように導き、皮膚の生まれ変わりのサイクルをしっかり再構築してあげるとしみやしわが解消されていくでしょう。

2、血行を良くする

血行が悪いとその分養分が細胞の隅々まで行き届かなくなります。

養分が十分に補給されない細胞は元気を失い、十分な働きをしなくなってしまいます。

その結果表皮ではターンオーバーの乱れが起きてしみや小じわができてしまったり、真皮が皮膚を内側から支える力を失ってしまったりしてしわといった肌の老化が起こる原因となります。

血行を良くしてあらゆる細胞の隅々にまで栄養分が運ばれることはしみやしわのケアとして重要です。

3、紫外線を浴びない

当たり前のことですがこれ以上しみやしわを作らせないために、またできてしまったしみやしわがこれ以上進行しないように、紫外線対策はしっかりと行う必要があります。

冬でも日焼け止めクリームが必要なのはもちろんのこと、帽子や日傘、サングラスを使ってできる限り紫外線を浴びることがないように気をつける必要があります。



シミには色々な対策方法がありますが、医学部外品サプリが一番なのは間違いありません。

『科学的根拠に基づいたサプリを飲む事で、シミを消す事は可能』です!

本当に効く、シミサプリメントランキングを作成しました 😀