シミの種類って?

ひとことでシミと言っても、実はその種類が様々あるのです。

シミの種類によってお手入れも変わります。

シミを改善したいのであればシミの種類を理解して、それぞれに適切なお手入れをすることが大切です。

それではシミにはどのような種類があるのでしょうか。

シミができるまで

まずはシミがどうやって出来るのか、というところから理解していく必要があります。

よくシミには「メラニン」が影響していると言われており、それを理解している人は多くいますが、実はメラニンには2種類あり、ユウメラニンとフェオメラニンの2つに分けられます。

ユウメラニンは黒色メラニン、フェオメラニンは赤色メラニンとも呼ばれ、人種や個人差によってその割合は異なります。

肌が黒く髪も真っ黒な黒人はユウメラニンが多く、肌が白く髪の色素も薄い白人はフェオメラニンが多く存在し、私たち日本人のような黄色人種にはその両方が存在しています。

メラニンは皮膚の外部から当たる紫外線が細胞内のDNAを傷つけないようにガードする働きをしています。

メラニンはメラノサイトと呼ばれる、表皮の一番下にあるメラニンの製造工場にて、「チロシン」と呼ばれるアミノ酸から作り出されます。

メラノサイトから製造されたメラニンは表皮のターンオーバー(細胞の生まれ変わり)にて表皮のいちばん下から上に向かって徐々に押し出され、最終的には垢と一緒に外部に剥がれ落ちます。

しかし、皮膚が紫外線を浴びてケラチノサイトと呼ばれる角化細胞に異常が発生するとメラノサイトから過剰にメラニンが生成されます。

通常のメラニンはターンオーバーによって剥がれ落ちますが、このように過剰に産生されたメラニンはターンオーバーで外部に剥がれ落ちずに皮膚に残ってしまい、それが「シミ」となってしまうのです。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

これがもっともメジャーなシミと言えるでしょう。

紫外線を受けることが原因でできるシミです。

頬や目の周り、肩や手の甲など、日光が直接当たりやすいところにできます。

色は茶色っぽく大きさは数ミリ〜数センチの大きさです。

歳を重ねるによって出来始めたり増えてきたり濃くなったりするものですが、早い人は20代からできることもあります。また出産などを機に急に増えるケースも見られます。

肝斑(かんぱん)

主に30代〜40代の女性に多く見られ、両ほほの高いところに左右対称にできます。色は薄茶色で、りんかくがあまりはっきりしないことがあります。紫外線によってこくもなりますが、主には女性ホルモンが影響していると言われており、妊娠や経口避妊薬(ピル)の服用で出来始めることも多くあります。

老人性色素斑とは異なる治療法が適用されることがあります。

雀卵斑(じゃくらんはん)

一般的に「そばかす」と呼ばれるもの。

スズメの卵の柄に似ていることから雀卵斑という名前がついています。ちなみに「そばかす」は蕎麦のカスに似ていることからそう呼ばれています。

大きさは3〜5ミリ程度で少し赤みのある茶色をしています。

加齢とは関係がなく、幼児〜10代の思春期に発生したり増えたりすることが多いです。白人、色白の人にできることが多く、遺伝により出来やすい体質があります。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

これは厳密には「シミ」とは区分されます。

でいる場所は肝斑と似ており、目の周りを避けて頬骨の高いところに左右対称にできることが多いです。

シミが表皮にできるのと違ってADMは真皮層にできるため、外用薬がきかず、治療は特殊なレーザーが必要になります。

遅発性両側性太田母斑(ちはつせいりょうそくせいおおたぼはん)

ADMと混同されることが多いですが、こちらは母斑(あざ)の一種です。

ですからシミとも異なります。

シミと違って少しグレーっぽい色味をしていて、もともと生まれつき持っている色素が成人した頃から徐々に現れるものと考えられております。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)、老人性いぼとも呼ばれ、皮膚の良性腫瘍ですので、これも厳密にはシミとは異なります。

顔や胸、手の甲などこれも紫外線を浴びやすい箇所にできやすいのが特徴です。

皮膚の老化現象の一つで加齢によって出来ます。

膨らみがあるものもあり、大きさ・色も様々で、時にはかゆみを伴うこともあります。

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

ニキビや炎症、アトピー性皮膚炎の炎症、やけど、キズなどの跡が残るものです。

一度小さなニキビができたくらいでは色素沈着は残りませんが、繰り返し同じ場所にできたり、ニキビを指で潰すなど適切ではないケアをしたりすることで炎症が残り、色素沈着を起こしてしまいます。

まずは繰り返し同じ場所でこのような炎症を起こさないことが重要です。

花弁状色素斑(かべんせいしきそはん)

強い日光を浴びることで起きる、老人性色素斑の一種。

その名の通り花びらのように広がっているのが特徴で、背中や肩などによく見られます。

海水浴などで普段日焼けをしない部分を急に強い日光に当てることで激しい日焼けを起こし、その日焼けが沈静化した後に花弁状色素斑が残ることがあります。



シミには色々な対策方法がありますが、医学部外品サプリが一番なのは間違いありません。

『科学的根拠に基づいたサプリを飲む事で、シミを消す事は可能』です!

本当に効く、シミサプリメントランキングを作成しました 😀